読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

推しのFC旅行で縁日が開催された話。

私「FC旅行の二次会で推しが主催側の縁日があったんだけど、」
友人「何それ全く話が読めない」

自分で説明しても正直よくわからなかった。

 

というわけで、こんにちは。最近は他の方が事細かにレポを流してくれるのでその恩恵にあやかっているんですが、推し(青木玄徳)のFC旅行が楽しすぎたので備忘録も兼ねて自分でも色々感想を書いてみよう、と。

※前回(第1回FC旅行in京都・滋賀)参加した後はあまりに内容が濃すぎたので、正直記憶が追いつかなかったという反省を生かしたい。

 

ちなみに推し(青木玄徳)が素晴らしいって終始褒めてることしか書いてないからレポは他の人のを読んでください!!!あとめっちゃ長いよ!!(ここ大事)

 

ひとまず推しの基本情報について簡単に説明。

青木 玄徳(アオキ ツネノリ) ※この記事では「推し」「つね君」と記述。

天秤座のO型(公式twitterプロフ欄まま)

29歳(今年の10月で30歳)

 

どこから書けばいいかわからないけれど、今回参加して見て、

このFC旅行…進化している――!
と感じる点が色々あった。
※他のFC旅行に参加した事が無いのでそんなものは常識という場合もあるかもしれないけどそこはそっとスルーしてほしい。

 

☆申込み編☆

・「部屋割りの人数設定が選べる」

前回のFC旅行では、基本的に6人1部屋なので1人で申し込んだり、それ以下の人数で知り合い同士で申し込んだ場合(2人同士、3人同士で申し込んだグループが同室、とか)は年代を考慮した上で、他の人と同室になる場合があった。ジェネレーションギャップに悩まずに済む運営の温かいフォローなのか…。

一方で、今回も基本は同じではあるものの、室料差額を支払いさえすれば1人1部屋で泊まることもできるようになったのは良い事だと思う。色々な理由で他人と同室になりたくない人もいるだろうし。(私の場合は前回知り合い同士の5人、今回は差額を支払って知り合い同士4人1部屋にしてもらった) 

 

あとすごく今更な話、FC旅行ってこんなに頻繁にあるものなのだろうか。

FCメルマガで開催決定のお知らせ聞いたときビックリした。

前回(2016年4月3日~4日)

今回(2017年1月21日~22日) 

 前回から一年経ってない…。常日頃の貯金は大事だなって痛感した。

 あと、今回の旅先は推しの出演している舞台に関連した、福島県磐梯熱海(&会津若松城観光)だったのだが、ファンからのアンケートでリクエストが多かったそうな。それにしたってこんなに早く実現するとは想定外過ぎ。

@大宴会

つね君「会津はどうですかみなさん」

ファン「「さむーい」」

つね君「みなさんが前回のアンケでリクエストしたところだからね!…まぁそれでこそ青木玄徳のファンって感じがしますけどね」

ファンも推しもマイペースなんだなぁ、って感じる旅行。

 

☆FC旅行1日目☆

これまた他のFC旅行はわからないけれど、基本的に推しとは現地で会えるスタンスなので観光バスの乗り込んで現地を目指す。他俳優ファンからFC名に結構驚かれるらしいのだけど、バスのこれを見て確かに「字面っょぃ…」って思うよね。(余談だけど、FC以外の方には「つね様」って呼ばれてる率が高いのびっくりした。周りのFC民で常日頃、様付けしてる人に会ったことない。)

f:id:kobayatheta:20170123145116j:plain

 

-----------------------------------

前回に引き続き、旅行詳細案内と「質問・メッセージ」&「その他イベントリクエスト等(運営宛のメッセ)」を記入する用紙が事前に郵送されてきた。

前回と1つ異なるのは
「質問・メッセージ」の他に「むちゃぶりリクエスト(限度有)」記入欄が無かったと言う所。

 

前回の旅行では歌ってほしい、セリフを言って欲しい、即興で演技、色々あった…そりゃあもう、すごかった。推しのデレがすごい2016年春だった

あまりのサービス精神旺盛さに「つ、追加料金を支払わせて欲しい」「参加する前は費用高いとか言ってごめん…」「宴会だけで参加費の価値があるのでは?」と言うしかなかった程の青木玄徳オンステージだった。その代わり旅行後のロスが凄まじい。

 

だから今回用紙にその欄が消えたことに「あ、流石に事務所NG出たのかもしれない」と少しだけ思った。でも正直何かしら歌のリクエスト位は出来るんじゃないかなって思ってた。何故なら旅行日程に「二次会イベント(内容説明一切無し)」と記載されていたから。※「二次会」っていう単語はお酒の飲めない未成年の子は使わないんじゃなry

 

スタッフさん「名札の中にカードが入っているか確認してくださいね」

私「な、何故ここに!?!?!?!?」

f:id:kobayatheta:20170123145120j:plain

あったよ、むちゃぶりカード。

当日までマル秘にしておきたかったのか、何なのか意図は一切わからないんだけどとりあえず何かしら推しにお願い出来ることが分かった瞬間。

※基本は「叩いてかぶってじゃんけんぽんがしたいです」という一対一でしか出来ないリクエストがあっても質問した当人ではなく、参加したい人たちと推しがじゃんけんをして最後まで勝ったファンがやれる…って言うスタンス(前回)。註釈がついているが、勿論リクエストにはそえない場合だってある。(絶妙なリクエストを書くファンとほぼ叶えてくれる素敵な推しにより全ては成り立っていた)

 

-----------------------------------
@部屋

バスで大体4時間程、「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」とか言う間もなく道中割とずっと雪景色。宿泊先をじゃらんで事前に調べたら評価が高かったので行く前からそりゃあもうワクワクしていた。温泉が沢山あって推しのFC旅行関係無く普通に行っても楽しそうな素敵なホテルだったし、実際そうだった。

f:id:kobayatheta:20170123145126j:plain
見てくれ、クッションのふかふか感。

人数によって部屋の大きさは違うと思うけど私の泊まった部屋はこんな感じ。窓を開けると目の前は雪化粧した木々が連なる。部屋備え付きの風呂の湯船も木だったし、洗面台が2つついてて化粧直ししやすいし、女だらけの宿泊には超便利すぎない…?って普通に感動した。このホテル選んでくれてありがとう事務所…。

 

ホテルに着いたのが大体14時30分ごろ。前回だとそこから大宴会まで4時間近くお部屋待機だったので、正直何もすることが無いとキツかったと思う。しかし今回は改善されていて、ウェルカムイベントという名のお部屋訪問が15時30分開始。

 

タイムテーブル

ホテル着:14時30分頃

お部屋訪問:15時30分頃~

大宴会:17時50分頃~

二次会(現地に着いても謎のまま):20時50分頃~

部屋で一息ついてお茶でも飲んでのんびりしていた頃にお部屋訪問が始まるというタイムリーな展開。時間の有効活用具合に感謝しかない。(ちなみにホテル上階と1階にそれぞれ温泉が男女入れ替え制であるのでお部屋訪問後のタイミングで上階の方には行かないと入れなくなるスケジュールでもあった…超忙しい!)

 

-----------------------------------

ドキッ☆お部屋訪問 ~気付いた時には推しがいた~

 

他の部屋の方々がウェルカムボードだったり、お部屋の装飾をしている最中(RTで写真回ってきたけど超すごかった)、当室は前回旅行時と同じくUNOで白熱してました。そりゃあもう、スタッフさんが「あと10分位で青木さんいらっしゃいまーす!」と連絡してくれた直後も「ねぇ、あともう1(00)ゲームやる?」と言うばかりには。(平常心を保つにはこれしか無かった)

Draw2,Draw2,Draw4,,,というコンボ技発動していた最中、

 

同室者「ぎゃーーっ(手札が増える事に対する叫び)!!」
「はーい、どーもー!!!!」
我々「…!!!!!!!」
「あー、UNOね。UNO。Draw2とか沢山あって、手札引いて、」
気がついたら推しが部屋にいた。

 

背中に名前が入った黒いだんだら羽織を纏って(他部屋のファンの方からのプレゼントだそうで、すごい!)。
つね君「どうですか、勝ってますか」
同室者「今手札めっちゃ増えました…」
つね君「ここから逆転とかしちゃってね、」

とまぁとりとめのないお話をして、FCロゴと推しの名前の入った升を貰ってお部屋訪問が終了(多分1分位?)。前回もそうだったけど、青木玄徳FC旅行の真骨頂は大宴会にあると思ってやまない面子だったので、訪問終了後は決戦の場に備えて温泉に。

f:id:kobayatheta:20170123145130j:plain

※リアルガチ(推しがたまに口にするワード)で、手札を大量に引かされた同室者が大逆転勝利したので何か持ってるんじゃないか、って盲目的に思いたくなる。

 
温泉から出たら玉こんのサービスが!! これ最早じゃらんとかのレビュー欄に書けって内容だけど一応備忘録だから許して…。

f:id:kobayatheta:20170123145133j:plain

 

お部屋訪問が宴会の前にあることの利点(私的観点による)
・着いてからの暇な時間が生まれない (前回はUNO大会数時間コース)
・一度温泉に入れる(せっかくなのでホテル施設も満喫したい)
・宴会・二次会まで終われば化粧スッキリ落としてGo to オフトゥンが出来る(重要)

 -----------------------------------

☆大宴会 18時~☆

f:id:kobayatheta:20170123145136j:plain
後々カオス空間となる大宴会の舞台

 

f:id:kobayatheta:20170123145139j:plain
前菜とか途中から何書いてあるのかよくわからなかったけど美味しかったのは確か。

大宴会は料理を食べながら今回も事前に集めた質問を読んで答えて、という流れだろうなと。実際、その通りで美味しい料理に舌鼓を打ちつつ、ファンからの質問にバンバン答えていく推し。詳しい質問内容は他の方が沢山事細かにレポしてくれていると思うので割愛。

バンコランの歌い方は吉川晃司。
歌詞に「ウェッポーン(Weapon/武器)」って書いてあって
「何これ!?」ってなった推し。

 個人的な印象だけど、映画の話題振ると思いの外沢山喋ってくれた…。最近観た映画の中で好きなのがSuicide Squad(DC)って言ったのに「でもDCよりMARVELが好きなんだよね~」って延々とMARVEL映画について語られるとは思ってなかった…。私はMARVEL沼の人間なので心の中でオッシャァ!ってガッツポーズしてた。どのくらいの枚数答えたかはわからないけど、ばっさばっさ答えてくれたよ。(余った分は翌日のバスの中でも読んでた)

あと、延々と陰謀論とか火星の重力とタイムマシーンの話だとか楽しそうに語っている推しの姿はとても活き活きしてた。月刊ムーとか好きそう…。


デザートも出て質問コーナーが終わった時には大体18時40分とかだったと思う。
一度休憩を挟んでから第二部が始まるよ、という話をされた。

私(with同室者)「二次会じゃなくて?????」

時間的に確かに二次会の集合時間では無いんだこの時。しかも二次会は何故か会場が異なる。てっきり会場移動して青木玄徳オンステージ(ファンはステージの前に並べられた椅子に座る)的な展開だと思ってた。前回に引き続き、大宴会会場で何をするんだろうか…もうここまで来たらあれしかない。

「むちゃぶりカード」だ――。

そうなると必然的に疑問が生じてくる。
マジで二次会何やるんだ……

何も想像がつかないまま大宴会第二部が幕を開ける…。
そうです皆さん、
推し(青木玄徳)FC旅行の真骨頂はここにある

別に通常がツンという訳ではないんだけどファンイベだとデレが凄い。
全部やってやろうじゃねぇか!という心意気が凄い。
こんな青木玄徳見たこと無い。
ファンも盛り上げる気満々。

最初の方のリクエストで「KinkiKidsの歌を歌ってください」というカードを引く推し。

「じゃあガラスの少年歌いまーす」という推しの言葉とカラオケのイントロが流れ始めた瞬間、

スッとキンブレを取り出すファン


「このために持ってきてたのか(部屋訪問の時に見たのかな?)」と驚く推し。

※持ち物表にも旅程表のどこにも「カラオケタイム」という記載はない。ただ、前回の展開的にあるんだろうなという漠然とした感覚で自発的にキンブレを持参してきたファン、という謎の光景が生まれていた。私のTLだけかもしれないけど、前回の旅行に参加していた人が多かったので「とりあえずキンブレは持って行く」と言う人が多かった(※前回はリクエストに歌が多かった)。


「キンブレ準備してきたファンの人達(全員じゃない)がいる…」ってレポが流れてきたけど確かに驚くよね。私(同室者)らは持参組だったけど、何でこの人達キンブレ持って来てんのって目で見られてたと思う多分。

 

でも、前回を踏まえて事前準備をしていたのは
ファンだけじゃなかったんだなこれが。

 

殺陣のリクエストに応える推し。
舞台の裏から何故か出て来る模造刀。

あまりに自然に出て来たので違和感なく鑑賞してたけどよくよく考えたら凄いことになってる。

魔法のカード「むちゃぶりカード」の効力が凄い。
ダースベイダーを倒すジェダイになったり、本気で猫の真似(鳴き声じゃなくてリアルガチで猫じゃらしにとびつく猫真似してた)、恋ダンスをレクチャーされながら踊ったり、舞台「パタリロ」で歌ったキラーバンコランを歌って踊って宴会場を駆けずりまわって、童謡「アイアイ」を歌ったかと思えば、クリスティーナ(タイでレディーボーイ体験した時の推しの愛称)で喋ってみたり、過去の作品のあの名台詞を言ってくれたり…。濃すぎて全ての内容を説明しろって言われても出来ない…言えるのは前回に引き続きTOKIOLOVE YOU ONLYがFC旅行定番曲になりそうだなってこと。

ゼェハァゼェハァ言いながら全力でリクエストに応えてくれた推しに感動と感謝しかない…2017年初っ端からこんな恩恵を受けていいのだろうか、追加料金はどこに支払えばいいのか、素敵なホテルと交通費込で参加費云万円というのは推しの全力を見れるという時点で実質タダなのでは?と錯覚するレベル。これ去年の旅行の時にも言ったやつ。

さてさて、宴もたけなわですが…と大宴会(二部構成)が終わったのが20時30分頃。
しかし、まだまだ終わらない推しのFC旅行2017。

そう、まだ謎に包まれたままの「二次会イベント」が我々を待っている――!

 -----------------------------------
☆二次会☆

ここから先は会場を変更してお送りしますという二次会。事前に分かった情報は飲食持込可ということだけ。直前までファンのリクエストに応えてくれていた推しが、果たして一体何をやるのだろうか。正直大宴会で満足しすぎたのでこれ以上の高望みはしていなかった。
会場前に集まるファン。
突如後ろから現れる推し。
法被を着ている推し、背中には「祭」の文字、そして腰には模造刀――。

いや、本当に何をやるんだろうか。

戦々恐々としながら会場に踏み入れると、

縁日の風景が広がっていた。

何言ってんの?って思うじゃん?いや、実際にTwitterで呟いてもフォロワーさんたちの反応が「??」ってなってた。現場にいる当事者さえ「??」ってなってるんだから当たり前だよね。本当に言葉通りにしか説明が出来ない。縁日、正確に言うと射的と輪投げと玉入れの3つの遊び場が造られてた…。どっちかというと地域のお祭りで自治体が手作りで作る感じのやつ(伝われ…!)。まさか成人してから推しのイベントで縁日を体験できるとは思わなかったし、私の中で、どうしてこうなったオブザイヤー2017上半期にいきなりランクインしつつある。※ブログ記事タイトルはここからの話。

 つね君「みなさんには射的と輪投げと玉入れをしてもらいます。」

 

何だこれ。しかも推しが運営側っていう状況がこの時点で飲み込めない。デモンストレーションを見せてもらっている最中、ふと思った。東●フレンドパークでゲストに見本を見せる従業員みたいだなって。

とは言っても、FC旅行なのでそれぞれクリアするとチェキ・ブロマイド・サイン入りブロマイドの何れかが貰えるイベントになってたので割とみんなガチで狙いにいってたりいってなかったり。※でもこれが意外と難しい…参加賞はたけのこの里と、推し曰くバーターできのこの山

ちなみに、広めの会場の角に三か所それぞれ射的・玉入れ・輪投げが設置。真ん中には丸テーブルがいくつかあって、ソフドリとおやつが置いてあった。残りの一ヶ所の角には板?があって、こじんまりとした舞台になってた(写真は撮れなかったので割愛)。

で、

 

つね君「景品が一つもゲット出来なかった人は、(俺に)斬られるのもアリです」

 



えっ、これ凄くない????
会場の端っこに板が敷かれていたのでそこでちょこちょこ殺陣を見せてくれていたんだけど、いつしか推しに斬られたい(参加賞only組)ファンの列が出来上がってた。斬られ方も様々で、胴斬り、自害の介錯、、、途中から推しによるレクチャーを受けてからの斬られ役、という展開になってた。
ファンとして常日頃、推しの演技や写真や歌とかにしにそう…ってなることはあるけど推し直々にレクチャーしてもらって、斬ってもらえるの贅沢すぎない?※当たり前だけど殺陣だし怪我するような激しいアクションでは無い。

最早景品ゲットした方が良いのか、残念賞で推しに斬られた方が幸せなのかよくわからない空間になってた。それにしたって今後FC旅行の感想聞かれた時に

「この前推しに斬ってもらったんだけど、」
って応えるのはパワーワードが過ぎる…!

※2016年的には「この前推しが紙幣になったんだけど、」もなかなかのインパクトだと思ってる(人間風車)。

終わった時間は定かでは無いんだけど、多分22時過ぎだったと思う。この時間まで推しと同じ空間にいたんだ…まじか。ちなみに二次会の最中は推しがふらふら歩いて声をかけてくれる優しい世界だった…。国王がお忍びで縁日に遊びに来て民に声をかけて下さるやつだと思う(AOKINGDOMだけに)。

とまぁ、行く前もホテル着いてからも、なんなら大宴会終わった直後でさえも二次会に関して謎を感じていた訳だけど言わせてほしい。超楽しかった…!!!!
テンション冷めやらぬ状態のまま太鼓の達人とマリカーしてから温泉(1階にある方)に入ったんだけど、気付いたら日付越えてた。温泉が沢山種類があって楽しかったんだよ…。お部屋のオフトゥンがふかふかだったのでぐっすり寝れました!


-----------------------------------
☆2日目☆ ごめんね、あともうちょっただけ続くんだ。

朝食は各々で取るスタイル。次に推しと会うのはバスに乗るとき。前回もそうだけど、推しのFC旅行は宿泊から観光場所までの道中を一緒のバスに乗るスタンス。(出発地からずっと推しが乗ってくれる旅行ってある?) バスは3号車まであるので途中交代にはなる。
昨日の大宴会で読まれなかった質問(用紙に該当の号車を選択する欄があった)はそれぞれのバスで推しが答えてくれる。「みんな質問沢山あるんだね」って言ってたけど本当に質問は尽きないし、ちゃんと答えてくれるの本当嬉しいありがとう。

ちなみに前回と違って、今回はちゃんと温泉に入れたっぽいので私のいたバスでは「おぉ~(良かった~)!」と声があがってたよ。

途中バス乗り換えのためもあってPAにとまった時に突然推しが雪玉を投げてくるというイベントが局地的に発生してた…。小学生か!しかもその後社長に注意されてた(危ないでしょ!的な)らしいんだけど、雪玉ではなくて雪(サラサラしてる)を投げる方にシフト。小学生かよ(訳:可愛い)!失礼を承知で言わせてもらうと、わんぱく29歳児(子)に手を焼く社長(母)の図でしかなかった……普段からこうなんですか社長…。

(ネタであろうとも)好きな女性の職業トップ3にOL,ナース、女子高生って答えちゃうような推しなんだけど、ここまでくるといっそ清々しくて大変好感度が高い。現役JKの方は是非そのブランドを使ってください。推しは目に見えてテンションが上がるタイプです。あと自分が女になったら若手俳優のおっかけをしてみたくて、大体オトせると言った自信の強さがカッコイイ。


で、来ました鶴ヶ城(会津若松城)。

f:id:kobayatheta:20170123222433j:plain

もののふ白き虎・瞑るおおかみ黒き鴨に出演してる推しと一緒にこの場所に行けるという幸福…プライスレス。
集合写真撮るときもまた、小さな雪山にのぼって滑る振りをして社長をハラハラさせる推しの構図があったそうだけどこの人今年30歳になるんだよね…?わんぱくボーイ青木玄徳が見られるのはFC旅行だけ!(褒めてる)。

お城観光後は〇〇体験(ちなみにこれも行くまで内容教えてもらえなかった)…赤べこ色づけ体験RTで情報回ってきたけど安西慎太郎くんも行った場所らしい。
ファンも推しも想い想いの模様を描く時間。「ここの模様が尻の穴の皺に繋がってる」「尻の穴が…」とか言い出したときはどうしようかと思ったけど、「ほぇ~~~!」って素で言う推しが最高に可愛かったから全て許せた…。(一見言わなさそうな風貌なのにそういう可愛い言葉が漏れちゃうのはずるい)

濃密すぎる1泊2日の旅も最後は推しとハイタッチをしてお別れ。バスに乗ったファンをニコニコしながら見送る推し。バイバイと両腕でお手振り(両手というか手首が動かない振り方をするのでわんぱく味が強い)。


そして最後の最後に両手で投げキッス。

その時、バス内に黄色い声が響いた でも窓閉まってるから多分本人には聞こえてない

あれはずるい。
無い腹筋を使ってキャーと声が出た(腹筋鍛えてないと咄嗟に高い声は出ないらしい)。



推し(青木玄徳)はかっこいい。見た目もどちらかというとクール系だし、役柄も男前で男らしいタイプが多いと思う。時々舞台のカテコで見せる素の推しを見て「素だと可愛らしい感じなんだね」と他推しの友人に言われたことがある。そうなのだ、推しはかっこよくて可愛い。独特な語彙や観点だったり、笑いの壺が面白かったり、マイペースだったり、浴衣をすぐ肌蹴させてファンをハラハラさせたり(途中から感情は無になった)、わんぱくすぎて社長をハラハラさせたり。でも舞台にせよ映像にせよ、作品にかける考え方や思いがとても熱い人なんだなぁと思えたし、私達はそれを作品を通して受け取っていることの素晴らしさに感謝しながら、明日も頑張って仕事に行こう。

 

おわり!